2014年06月16日

Germany Travel(Fussen→Munchen)

この日の集合時間は確か7時半。
それなのに!ホテルの朝食ビュッフェの開始時間が7時!
はぁ!?(╯⊙ ⊱ ⊙╰ )
なんか…ドタバタですやんwこれだからツアーはorz
でも、仕方ないので本当ならご飯食べてから荷詰めをしたかった所、
それをすべて済ませて朝食へ。
DSCN3566.jpg
広くてとっても綺麗でした!!
DSCN3565.jpg
そしてやはり少ない野菜…(^_^;)
昨日は炭水化物を取りすぎたからシリアルにしてみたけど意味なかったかな…


ローテンブルクからバスで移動してフュッセンへ!
この日が1番楽しみだった〜(((^-^)))ノイシュヴァンシュタイン城を見に!
しかし、移動距離が長過ぎてまたも爆睡し周りの景色覚えてないw
あっという間に城の麓に着いた!(笑)

私、全く調べなかったんだけど入場規制あるのね(´・ω・`)
しかも、5分おき。1分でも遅れちゃったりしたら入れないらしい…厳しいな!
そして当日ガイドさんが予約しておいてくれた時間に間に合わなくなりそうになり
なんか移動中バスの中で一生懸命時間変更してたなw

麓からお城までは徒歩20分ぐらい?でトレッキングコースみたいなのもあったり。
一応バスと馬車が出ているけれども、馬車はさらに時間がかかるんだとかw
バスも本数が少なくて乗る時30分近く並んだ気がする。
バスに乗り込んで、最初にお城の写真が撮れるマリエン橋へ!
つ、ついに!!私のカメ小の血が騒ぐ時間が…!!!!(笑)
橋の真ん中あたりから横向きの写真が撮れます!!(クリックで拡大可)
DSC_0148.jpg
キタ━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ (゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━!!!!
最初、橋からだから距離あるのかなー?と思って望遠つけてたらwwww
予想以上に城が近過ぎてwwww一部フレームアウトwwww馬鹿wwwwwww
めっちゃ風が強い中大慌てでレンズチェンジ(笑)
DSC_0149.jpg
この位が良いね?wアップ過ぎてもなwwww
ここで、15分間の撮影タイムを貰っていたんだけど、
最後の最後とかマジうちらしかいなくて!(時間前だったのに)
工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工
皆!!撮り終わるの早くない!?もっと執着しようよ!!!←
そんな感じで、時間ギリギリまで城の写真を撮りまくっておりました…(´∀`*)ウフフ
もっと時間欲しかったな…w

DSC_0203.jpg
橋から移動していよいよお城へ移動。
因みに、お城側からさっきまでいたマリエン橋を撮ると…
__12.JPG
こんな感じであるw冬場は閉鎖されているので写真すら撮れない。

入口のところでガイドさんから入場チケットを頂く。
__.jpg
右上に書いてある数字が入口の電光掲示板に表示されたら入ってOK!
DSC_0232.jpg
つまり、12時50分になったら入れる!それまで入口で待機(笑)
するはずもなく、中庭の写真を撮りにダッシュ!(10分ぐらいしかなくて)
DSC_0211.jpg DSC_0215.jpg DSC_0224.jpg DSC_0226.jpg
中庭綺麗だったわ〜(((^-^)))
さて、時間になって中に入ってきたのですが、例の如く写真がNGだったので、
一切写真がありません!!
入ったら音声ガイド用のイヤモニじゃないけど、機器が配られて日本語解説あり!
凄いハイテクなの!普通録音されたものを再生するから人の歩く速さとか、
そういうのに影響されて、まだその場所じゃないのにガイダンスが流れ始めたり、
逆に早く歩き過ぎてガイダンスが遅かったり?するのに、
室内に多分無線で再生させる機械があって、その部屋に来た時に機器が反応して
ちゃんと適切な説明が流れてくるという!すっげー\(^o^)/

内装はノイシュヴァンを造ったルートヴィヒ2世の好みで
ロイヤルブルーが基調になってて、とても私好みの色合いでした(笑)
あと、白鳥が好きらしく至る所(ドアノブとか)が白鳥のモチーフになっていたり。
1番謎だったのは城の中に人工の洞窟?みたいなのがあった事かな(((^-^)))
それ、要るのかい???w
そんなのを造っておいて、キッチンと浴室が未完成っていうのにも驚きである。
お城自体の歴史が100年近くしか経ってないから割と新しくてとにかく綺麗でした!!

お城の内部見学から次の集合時間まで自由行動だったので、お昼ご飯を調達。
といっても、お腹空いてない…('・c_・` )
そんな状態でレストラン入ったら絶対食べきれないので軽食にしました!
(そういや、お城の麓に行く途中のレストランがお勧めという話だった)
DSCN3569.jpg
ブラートヴルストめっちゃうまー\(^o^)/
帰りはのんびり歩いて麓まで。(馬車が意外と高かったからやめたw)
DSCN3571.jpg

ノイシュヴァンシュタイン城をあとにして、再びバスに乗り込み、
ロマンティック街道を通って世界遺産のヴィース教会へ移動!!
例の如く…移動中爆睡\(^o^)/(最早お決まりw)
そして、到着!!
DSC_0240.jpg
ここ、キリスト教徒にはめちゃくちゃ有名で。
木彫りと布で作った鞭で打たれてる姿のキリスト像を造ったんだけど、
リアルすぎて怖いという理由で、飾られないまま修道院に放置されていたそうで。
10年後ぐらいに修道院の料理人?の屋根裏部屋から見つかったらしく
近所の農夫が引き取って毎日拝み続けたらキリスト像が涙を流したと!
そういう伝説があって、当時信者がその像を見たいと押し寄せたんだとか。

外観からは想像できないぐらいロココ調の超〜綺麗な教会です。
写真撮影は本当は禁止らしいんだけど、皆撮ってるので大丈夫ですと言われ、
撮ってきました!!(載せても良いのだろうか…???)
DSC_0264.jpg DSC_0263.jpg DSC_0243.jpg DSC_0247.jpg DSC_0265.jpg
美しすぎて言葉を失いましたが何か?
そして、例の伝説になったキリスト像がこちら。
DSC_0262.jpg
う、うーん??実際見た時はどこら辺が涙に見えるんだろう??と思ったんだけど、
今写真加工してて漸くわかったw左目の所の白っぽい線かな?
拡大しないと解らないかもしれないけれども(^_^;)確かに見えなくはない!
ヴィース教会には多分30分もいなかったんじゃないかな…
この後フュッセンからまたバスでミュンヘンまで移動!!

ミュンヘンでお世話になったのはEDEN WOLFFというホテル。
DSCN3574.jpg
泊まった中ではここが1番綺麗だったかも!!
さて、私はここでiPhoneをバスの中に忘れるという失態をね!!(笑)
慌てて旅行会社に電話しちゃったよwもう〜気が気じゃなかったわwwww

だがしかし、悩んでいても仕方ないので夜ご飯を食べに!
DSCN3577.jpg DSCN3580.jpg DSCN3581.jpg DSCN3586.jpg DSCN3591.jpg
噴水があるカールス広場を抜けて、カールス門をくぐるとショッピングモールがずらっと!
そして、マリエン広場に出るとめっちゃでかい新市庁舎が!
市庁舎がこんなにお洒落で良いのだろうか!!(笑)
これにもからくり時計があるんだけど、時間的に見れませんでした…残念><

夜ご飯はホーフブロイハウスで!
DSCN3594.jpg
凄いお客さんでしたー(((^-^)))生演奏もすごーい\(^o^)/
DSCN3596.jpg DSCN3597.jpg
ここで食べると言ったら白ソーセージでしょう!!
甘いマスタードを付けて食べるのが主流らしいんだけど、
私は何も付けずにそのままの方が美味しかった(^_^;)
そして白ビール!!(少し濁っている。しかも、苦み少なくて飲みやすい!)
前回の旅行の時も食べた、Schweinehaxe(シュヴァイネハクセ)を注文!!
豚のすね肉のローストなんだけど柔らかくて美味〜♪
この付け合せのpotato dumpling(ジャガイモのお団子?)もめっちゃ旨い〜!
DSCN3600.jpg
そういや、シュヴァイネハクセを3人で食べていたら、
別テーブルのお爺ちゃんがわざわざ私達のテーブルに来て、
この料理を指しながら「これを食べたいんだ」的な事を店員に伝えてて(笑)
可愛いお爺ちゃんだったwwwww(しかも2回も来たwwww)
この日、W杯のドイツ戦があったので飲み屋という飲み屋が大盛り上がり!
凄い賑わっていたわ…勝って良かった〜!

DSCN3614.jpg
これ、部屋出た所の廊下なんだけど、もう本当内装が気に入って。
また泊まりたいな〜♪
そうそうほろ酔い気分でホテルに戻ったら、ホテル側からFAXが。
何だろー?と思ったら旅行会社からで私のiPhoneが無事バスで見つかりましたという報告。
良かった〜><これで一安心。

明日は南ドイツをまわってフランクフルトへ戻ります!
posted by ChIe at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary
Comments
Write Comment
Name:

Mail:

URL:

Comment:

TrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。